FC2ブログ
03 «  1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. » 05

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

アクセスカウンター

オンラインカウンター

天気予報

楽々山歩&輪々散歩

maru8の日々 ハイキング~ポタリング~オートバイツーリング~家庭菜園と色々やってます。!

去年の11月に読んだ本 ! 

Posted on 04:43:35

昨日朝にリビングのテレビ電源入れるが
チラッと画面が映り直ぐに消えてそのままで
何回かしても全然画面が出ずに寿命の様で
これまた余計な費用が掛かりそう ?

去年の11月に読んだ本 !
年末バタバタしていてブログ記事にするのが
やっと今に、また本を読むのスローペースに

あきない世傳 金と銀 ㊈ 淵泉篇 高田郁/著
hon301
やはり結は型紙をもって音羽屋忠兵衛の元に行って
結は忠兵衛の後添いとなり日本橋の呉服商を
居抜きで譲り受け日本橋音羽屋として結に任せる
でも十二支の文字散らしの中に型紙師の松吉が
三ヶ所だけ別の文字を混ぜていた。
金・令・五の文字が有りそれを組み合わせると
五鈴となり音羽屋に嫁ぐ結に五鈴屋からの
「嫁資」として日本橋音羽屋の開店日に五鈴屋でも
十二支の文字散らしの小紋染めを売り出す
結も帯結び指南を始めて評判も良く
そんな時、加賀藩の前田家と店前現金売りしたのを
呉服仲間の顧客の横取りとされて呉服仲間から
外され呉服商いを止めて、太物商いに絞って
店を続ける、幸は賢輔・茂作・梅松らと大阪に戻って
木綿の話し等して江戸に戻って、白い木綿に細工して
新しい染めをする。

1番楽しみな本 この後どうなる ? (星 五つ !!)

おやこ 朝日文庫時代小説アンソロジー
hon300

つるつる     池波正太郎
二輪草      梶よう子
仲蔵とその母  杉本苑子
はじめて      畠中恵
泣き笑い     山本一力
いさましい話   山本周五郎


短編で読みやすく  (星 四つ !)
スポンサーサイト



△page top

この記事へのコメント

△page top

コメントを投稿する














管理者にだけ表示を許可する

△page top

トラックバック

トラックバックURL

→http://osaka34.blog54.fc2.com/tb.php/2993-498922f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top