10 «  1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. » 12

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

アクセスカウンター

オンラインカウンター

天気予報

楽々山歩&輪々散歩

maru8の日々 ハイキング~ポタリング~オートバイツーリング~家庭菜園と色々やってます。!

6月に読んだ本 ! 

Posted on 05:06:52

台風3号の後は停滞した梅雨前線の影響で
福岡や広島が大雨で被害が出ていて
今日も九州の方では大雨特別警報が出て
命を守る行動をと ! 最初は梅雨入りしても
余り降らず空梅雨かと思っていたが、やっぱし
帳尻併せて来ますね !

6月に読んだ本 !
村上海賊の娘 (一) 和田竜/著
hon187
織田信長に大阪本願寺を攻められ一向宗本願寺派門主と
鉄砲傭集団雑賀党の鈴木孫市は毛利家に兵糧を頼むが
それには村上海賊の手助けが必要になるので乃美宗勝と
児島就英が能島村上家の村上武吉に頼みに行くが
武吉は認める条件を出すが、武吉の娘の景(きょう)は
男勝りで海賊事を好み本願寺を助けに行こうとする
源爺や留吉ら門徒を乗せた廻船を助けた事から
大阪まで行くが織田の家来を殺してしまう。

景どうなる? (星 5つ !!)

村上海賊の娘 (二) 和田竜/著
hob188
門徒衆を大阪本願寺の木津砦に送った景は
信長方の天王寺砦に行く、そこで泉州侍や
眞鍋海賊の七五三兵衛(しめのひょうえ)らと出会い
信長方が木津砦や大阪本願寺を攻める戦いを見て
木津砦側はなんとか踏ん張り雑賀党の鉄砲隊の
攻撃も有り信長軍は天王寺砦に退散していくのを
孫市はここは木津砦・大阪本願寺に引き戻ってと言うが
坊官の頼龍が「進者往生極楽」・「退者無間地獄」の
旗を掲げ門徒を煽って進ませる。

段々と面白くなって来ました ! (星 5つ!!)

村上海賊の娘 (三) 和田竜/著
hon189
本願寺の門徒らが天王寺砦を取り巻いていたが
孫市も信長を鉄砲で狙うが寸前の所で七五三兵衛に
助けられる信長らの兵が蹴散らし門徒らは駆け戻ろうと
するが源爺は逃げずに槍を持って進むが七五三兵衛の
銛で死んでしまう。
景は今まで自分思っていた事がむなしく、自信も無くなり
能島に帰ろうとする時、逃げ延びた孫市と出会う。
その時「役に立てば力を貸そうと」景に言う。
能島に帰った景はおとなしくなり児島就英との結婚も決め
毛利家の頼みを上杉謙信の出方をうかがっていた武吉も
やっと腰を上げて来島村上や因島村上と毛利の一千艘で
大阪に向かうが淡路の岩屋で停泊して謙信の出陣を待ち
無ければ引き返すとそれを聞いた景は「門徒はどうなる?」と
再び大阪に向かう 「鬼手(きしゅが出るかと)」武吉が
岩屋に着いた景は泉州海賊の七五三兵衛らと掛け合いに
行くが謙信も出陣せず村上海賊らは引き返す事に
景は淡路島から一人孫市を尋ねて船を出して
雑賀党の五十艘と共に戦うことに、それを聞いた
村上海賊の兵達は獣と化した、これを鬼手
能島村上・来島村上・因島村上・宗勝・就英らの船全部が
難波海に向かって行く。

続き早よ読みたい ! (星 5つ!!)

村上海賊の娘 (四) 和田竜/著
hon190
雑賀党の孫市らと共に戦うが七五三兵衛らの安宅の船の
強さに押され気味でもうこれまでか? と言う時に
兄者らの船が駆けつけて木津川の海戦に村上軍は
火薬を使った焙烙玉で眞鍋海賊を攻撃して
景は七五三兵衛と死闘を繰り返しなんとか仕留める
木津川の海戦では毛利軍の勝利で兵糧を木津砦に
入れる事ができた。

最後は一気読み面白かった ! (星 5つ !!)
スポンサーサイト

△page top

この記事へのコメント

△page top

コメントを投稿する














管理者にだけ表示を許可する

△page top

トラックバック

トラックバックURL

→http://osaka34.blog54.fc2.com/tb.php/1650-434f7e39
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top